フッターメニューへ
更新日: LINE

年齢と共に増えて、濃くなっていくシミ。
美白化粧品でのケアに限界を感じたり、手っ取り早くシミを消したいと思った時、思い浮かぶ手段の一つにシミ取りレーザー治療があります。

しかし、シミ取りレーザー治療は一般的には“簡単にシミが取れる”と認知されていますが、「本当に安全な治療なのか?」「綺麗にシミが取れるのか?」と疑問に思いませんか?

紫外線を浴びてしまった女性

実は、痛みや再発の危険性など知らないと怖いリスクがいくつもあり、美容クリニックの広告宣伝や、ネット上の曖昧な情報を信じて安易に手を出すのはとても危険なんです。

そこで当サイトでは、シミ取りレーザー治療を受ける前に必ず知っておきたい知識や注意点を詳しく解説しています。
正しい知識を身につけて、本当にシミ取りレーザーを受けるべきなのかどうか、よくご検討ください。

サイト内の情報に関するご質問やご意見がございましたら、運営者情報よりご連絡ください。

シミ取りレーザー治療とは?

シミを気にして鏡を見る女性

まずはシミ取りレーザー治療がどのような治療なのかをご説明いたします。
医療や美容医療の現場では、レーザーを使った治療が幅広く行われています。
みなさんにとって一番身近なレーザー治療といえばレーザー脱毛ですよね。

塗り薬や飲み薬などでシミをケアする方法が身近ですが、物理的な作用でシミを除去するシミ取りレーザーは痛みが生じたり痕が残ると言う話も聞いたことがありますが、危ない治療なのでしょうか?原理と効果、メリット・デメリットをわかりやすくまとめました。

シミ取りレーザー治療の原理と効果

シミやそばかすの治療に用いられるレーザー機器は、黒い色にだけ反応するレーザー光が出るものを使用します。
そのため、シミ部分以外の正常な肌細胞をほとんど傷つけることなく、シミの原因である黒いメラニン色素だけをピンポイントで壊すことができます。

レーザーを照射した患部は、火傷のような状態になりかさぶたができます。
かさぶたは1週間程で剥がれて、色素沈着のないピンク色の新しい皮膚が現れます。

レーザーを照射した後の経過

メリットとデメリット

シミ取りレーザー治療にはメリットがある一方で、デメリットも存在しています。
デメリットを知らずに治療を受けてしまうと、せっかくの治療が逆効果になってしまうことも!メリットだけでなく、デメリットもしっかりと頭に入れておいてくださいね。

メリット
  • シミ以外のお肌へのダメージが少ない
  • 一度の照射で薄くなる、または消せることが多い

メラニン色素を狙い撃ちできるので、健康なお肌に負担がかからないことがレーザーの強みです。もしもメスでシミを切り取ったら、出血しますし傷が治るまでに時間がかかり、傷跡が残る可能性も高いですよね。
レーザーならお肌への負担を最小限に抑えられるので、ダウンタイムも短期間で済みます。

シミの状態によっては1度の照射で綺麗に消せることもあるので、即効性を求める方に人気があります。

デメリット
  • 複数回の照射が必要な場合もある
  • 術後のケアが必要
  • 再発することもある

シミ取りレーザー治療は100%シミが消える魔法の治療ではありません。
1度の照射では消しきれない場合もあります。

さらに、消えたと思っても数ヶ月後に同じ場所にまたシミが再発してしまうこともあるんです。
永久的ではないことを理解しておきましょう。
また、照射直後のケア方法を間違えるとシミが綺麗に消えなかったり、痕が残ってしまうこともあります。

シミ取りレーザーの種類

シミ取りレーザー施術中の女性イメージ画像

シミ取り治療で使われているレーザー機器にはいくつかの種類があり、機器によってレーザー光の波長や照射時間などに違いがあります。
消したいシミの種類や状態によって、適したレーザー機器が異なりますので、どの種類のレーザーが良いかは医師に相談しましょう。

ここではシミ取り治療でよく扱われている有名なレーザーを4種類ご紹介します。

レーザー名
シミの種類
シミ そばかす 肝斑
Qスイッチルビーレーザー ×
QスイッチYAGレーザー ×
レーザートーニング
PICOトーニング

消したいシミによって有効なレーザーの種類が異なりますので注意が必要です。
また、クリニックによって取り扱っている機器の種類はまちまちです。
医師の診察をしっかり受けて、じっくり話し合った上で決めましょう。

レーザー機器イメージ
シミ取りレーザーの種類

主に使用される4種類のレーザー機器の違いや特徴について詳しくご紹介しています。それぞれのメリット・デメリットを見て自分のシミにはどのレーザーが合うのかをチェックしてみましょう!

シミ取りレーザー治療の注意点

注意することとは?

シミ取りレーザー治療には注意点があります。
これを知らずに軽い気持ちで治療を受けると、こんなはずではなかった!という事態にもなりかねません。

そうならないために、ここでは4つの注意点を掲載します。
事前に注意点を理解し、本当に自分に合う治療法なのか良く考えてみましょう。

レーザー照射時に痛みを伴う

レーザーの照射時間は極めて短くほんの一瞬ですが、お肌に当たると痛いと感じる方もいます。痛みの程度は「輪ゴムでパチンと弾かれた感じ」「チクっとする」などと表現されます。

クリーム状の表面麻酔を用意しているクリニックも多いので、心配な方は事前に相談しましょう。術後の痛みは、ヒリヒリと感じることもありますが1日程で引きます。

Qスイッチレーザーの術後はダウンタイムが必要

レーザー治療を受けた後、患部はとてもデリケートな状態になっています。
術後にできたかさぶたの下では、新しいお肌が作られており、自然にかさぶたが剥がれ落ちるまでの約1週間は絶対に剥がさないように注意が必要です。

患部を守る保護テープや絆創膏が処方される場合もあります。
かさぶたが自然に剥がれた後も油断は禁物で、2~3ヶ月は紫外線をできるだけ当てないように心がけ、刺激をしないようにしてください。

必ず1回で消えるとは限らず、再発も!

Qスイッチレーザーの場合、1回で綺麗に消える方がいる一方で、消えなかった方もいます。
その場合は数ヶ月の間隔をあけて、再度照射が必要になることも。

また、トーニングの場合は、1回で劇的な変化は期待できませんが、5~10回繰り返して通うことでお肌の状態を段階的に改善していくことができる治療です。

そして、レーザー治療の効果は永久的なものではなく、時間の経過とともに同じ場所に再発することも珍しくありません。
この特徴を理解した上で治療を検討しましょう。

肝斑の治療は慎重に

肝斑とは、両頬に左右対称にできる茶色っぽいシミのことです。
肝斑はピンポイントでレーザーを当てると悪化してしまうことがあるため、レーザー治療はご法度です。
しかし、トーニングは肝斑治療も可能ですので、肝斑でお悩みの方はトーニングを選びましょう。

クリニック選びのポイント

クリニックを選んでいる女性

シミ取りレーザー治療を行っているのは、皮膚科、美容皮膚科、美容外科です。
大切な自分のお顔にレーザーを当てるわけですから、信頼できるクリニックで治療を受けたいですよね。

事前の調査をせずに行き当たりばったりでクリニックを決めてしまうと、最新ではない機器で治療をされたり、相場よりも遥かに高い金額を請求されたりなど、問題が生じるケースもあります。

そこでクリニックを選ぶときに押さえておきたいポイントを5つお伝えいたします。

シミ治療を専門的に行い、症例数が多いか?

クリニックはどこも同じに見えるかもしれませんが、それぞれ力を入れている分野が違うようです。裏を返せば、シミ取りレーザー治療が得意ではない、力を入れていないというクリニックも存在しています。
シミのレーザー治療を専門的に行っているクリニックはレーザー機器の取り扱いが豊富で、シミの状態に合わせて最適な機器を選択して施術を受けられます。
このようなクリニックは症例数や実績も多いので信頼できるでしょう。

治療に関する情報を、明確に公開しているか?

クリニックの中には、「一度来院してもらいたい」という思いから、あまり多くの情報を開示していないことがあります。
公式サイトや資料請求で情報をわかりやすく掲載しているクリニックは信頼度が高いと言えます。

医師による無料カウンセリングが受けられるか?

もしレーザー治療を初めて受けるという方は、「このシミは消せる?」「いくらかかるの?」など、疑問や心配な事がたくさんあると思います。
無料カウンセリングを行っているクリニックを利用すれば、無料で医師に直接相談ができるので、ぜひ足を運んでみてください。
中には、医師ではなくカウンセラーとしか話せなかったという事もありますのでよく確認しましょう。

適切な価格かどうか?

幾つかのクリニックを比較してみて、あまりにも安すぎる・高すぎるというクリニックは、一度内容をしっかり調べたほうが良いでしょう。

困った時のアフターケアがあると安心

治療後に予期せぬ事態が起こった場合に、アフターケアが充実しているクリニックだと安心できますよね。
クリニックによってアフターケアの内容は異なりますので、どのようなサービスが受けられるか確認しておきましょう。

以上がクリニック選びのポイントです。
しっかり吟味して信頼できるクリニックを選びましょう。

シミ取りレーザー治療の料金

計算機を持つ女性の手

シミ取りレーザー治療は美容に関わる施術のため、ほとんどの場合保険が適用されません。
そうなると、費用が高額になりそうな印象を受けますが、実際にはどのくらいの料金で受けられるのか見ていきましょう。

シミ取りレーザーの料金相場

シミ取りレーザー治療は、レーザーの種類やクリニックによって料金が異なります。
広告につられて安い価格で治療を受けたら、レーザー治療が不慣れなクリニックで実験台にされてしまった!と言う体験談を聞いたこともあります。
料金相場を把握すれば、クリニック選びの際に役立ちます。

ここではレーザーの種類別に大まかな料金相場をご紹介します。
通院回数も予算に影響すると思いますのでご参考にしてください。

レーザー名 料金相場 通院回数
Qスイッチルビーレーザー 5mm
5,000円
少ない
QスイッチYAGレーザー
レーザートーニング 両頬1回
10,000円
複数回
PICOトーニング
レーザー機器イメージ
シミ取りレーザー治療の料金相場

同じレーザー機器でもクリニックによって価格に差があります。当サイトで紹介している4種類のレーザー機器の料金相場をまとめているので、クリニック選びの参考にしてみて下さい。

価格はどうやって決まるの?

レーザーの照射範囲か照射回数か

シミ取りレーザー治療の料金表示は、照射範囲や照射回数で価格が記載されていて、クリニックによって表現は様々です。

照射範囲:シミの大きさに応じて「1 mm×1mmでいくら」「1cm以内いくら」と表記されています。
照射回数:「5照射」「5ショット」など回数で表記されています。
使用するレーザーの種類

レーザー機器によって金額が異なります。
どのレーザーを使用するかは、消したいシミの種類やダウンタイムにもよりますので、医師と相談する必要があります。

クリニックによる価格差

同じレーザー機器を選んだとしても、クリニックによって料金が違う場合があります。
これは、麻酔の有り無しや術後の内服薬などの内容に差があることも。
無料カウンセリングが利用できる場合は事前に確認しましょう。

47都道府県のクリニック検索

47都道府県のクリニック検索を利用する女性のイメージ画像

シミ取りレーザー治療を行っているクリニックは日本全国にたくさんあります
東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市には特にたくさんのクリニックが集中しています。
地方エリアではクリニック数が少ない傾向にありますが、県庁所在地、道庁所在地、府庁所在地とされる都市には比較的クリニックが集中しているので、複数の中から自分好みのクリニックを見つけやすいでしょう。

当サイトでは、47都道府県ごとにシミ取りレーザー治療が受けられるクリニックを調べてまとめています

各クリニックの営業時間や最寄り駅、シミ取りレーザーの最安値、無料カウンセリングの有無などを掲載していますので、お住いの地域から通える場所にあるクリニックをぜひ比較してみてください

レーザー機器イメージ
お住まいの地域にあるクリニックを見る

シミ取りレーザー治療を受けられるクリニックを全国47都道府県別に掲載しています。比較しやすいように取り扱っているレーザーの種類や最安値なども載せています。ぜひクリニック選びにお役立てください。

まとめ

鏡を見て喜ぶ女性のイメージ画像

レーザー治療は医療の分野でも美容医療の分野でも使用されている安全性の高い医療機器です。
レーザーによるシミ治療は認知度も高く利用者も多い治療ではありますが、誰もが確実にシミが消えるとは言えず、最悪の場合「シミが消えなかった」「痕が残ってしまった」ということも無いとは言い切れません。

シミが気になって悩んでいる方の中には、藁にもすがる思いでシミ取りレーザー治療を真剣に検討されているかもしれません。
もし治療を受ける場合は、治療についての正しい知識を持ち、デメリットや注意点もしっかりと理解した上で治療を受けることをおすすめいたします。

そして、クリニックを選ぶ際はクリニック選びのポイントを参考に、慎重に選んでみてください。皆さんのシミのお悩み解決に少しでもお役に立てますように。